FC2ブログ

親業訓練インストラクター 式場敬子 親業 親だって人間!

HOME プロフィール お問い合せ
親業について 講座 講演会 QandA コラム 活動内容~式場敬子のお仕事~
母は谷内六郎の絵が好きで(私もなんとなくノスタルジーを感じて好きです
谷内六郎の小さな卓上カレンダーに、びっしりと予定やその日にあったことなどを書いていました

まだ字が書けていた日までの記録を見てみると
訪問ドクターや友人との電話の記録、所感などのメモ書きの中に
私が行った日や、私と電話で話した日の記録は、赤いペンで書いてあることがわかりました

私は母と電話で話すときは
家でモップがけをしながらとか、片耳に子機をはさみながらの「ながら電話」が多かったのですが
母はこんなにも楽しみにしていたんだなぁ・・と思って・・・

そういえば私の手帳にも
子どもの予定が書き込まれていて
みんなが揃う日(貴重です)には
何を食べて(これも大事
どんな日を過ごして、何を思ったのかが思い出せるようなメモ書きがたくさんあります。

子どもと電話で話すときは「ながら電話」はしないで
けっこうじっくりと話を聞いたりしています
(子どもは「ながら」なのかな・・?)

親子はそんな繰り返しなのかもしれません。
それでもいいな・・と思っています