親業訓練インストラクター 式場敬子 親業 親だって人間!

HOME プロフィール お問い合せ
親業について 講座 講演会 QandA コラム 活動内容~式場敬子のお仕事~
少し前まで子どもが風邪をひいていました。
みるからにキツそうでした
水分を促したり、側にいたり、話ができそうなときは話をしたり、環境を整えたり・・と
思いつくことは何でもしました

昔(娘時代)、私が風邪をひいて寝込んでいるとき
母がお茶や梅干し(熱があるときはなぜか梅干しがありがたかった)を運んでくる足音が
待ち遠しかった記憶があります。

自分の昔の記憶から、
今、私は母と同じようなことをしているのでしょう・・

体が弱っているときって
心も弱っていることが多いから
こんな時の励ましはあまり役に立たず
(ただでさえ健康な人がうらやましく、まぶしく思えるし・・)
むしろ、言葉は少なくてもいいから、側にいてくれる温かさがありがたかったりします

調子が悪く、停滞して凹いる自分を
そのまま受け入れてくれる存在は大きいのでしょうね・・