親業訓練インストラクター 式場敬子 親業 親だって人間!

HOME プロフィール お問い合せ
親業について 講座 講演会 QandA コラム 活動内容~式場敬子のお仕事~

父が初めて書いたこと

 | 2011-11-23 | 
先日、母の誕生日でした
私や私の子どもたちからのメッセージを母に渡そうと考えました。

父にも何か書いてもらおうと
紙とペンを渡しました。
「お母さんの誕生日だから、何か書いてね」と言って父に渡したのです。

すると、なんと父は(93歳です)
「バースデイは、B、I、R、T、Hだな?」と私に確認をして
英語で書き始めたのです。
今日の日付、そして
「Happy Birthday for 母の名前」
「父の名前」

メガネをかけて書きはしたものの
字は曲がってしまいました。
(筆記体で書いていたし・・)

でも、私は驚いたのです
父がまだ英語をしっかり覚えていて書いたことと
何より母に書いたこと・・

おそらく父が母に手紙を書くことはなかったと思うし
お誕生日を祝う言葉をかけたこともなかったのではないかと思う・・

思いつきで紙を父に渡したけれど
とても大事なメッセージが残りました

母にこの手紙を渡すと
父からのメッセージに少しびっくりして
「最初で最後ね~・・」と
言いました。

父と母は
あまり仲の良い夫婦とは言えませんでした。
だから今回の出来事は
私にとって
とても印象深かったのです