FC2ブログ

親業訓練インストラクター 式場敬子 親業 親だって人間!

HOME プロフィール お問い合せ
親業について 講座 講演会 QandA コラム 活動内容~式場敬子のお仕事~

相手に悩みを預けたまま

 | 2011-07-13 | 
何年か前に
講座を受けた方からこんな話を聞く機会がありました

「子どもが悩んでいるとき、前だったらすぐアドバイスを言うことが良いと思っていたけれど
今は、誰の問題(悩み)だろう・・?と、考えて
子どもの悩みだと思ったら、親が言うのではなく『聞く』ことをするようになりました。」


これはすごい変化です!
講座で体験学習したことが
体に吸収されて
実践出来ているのだと思って
心からよかったと思いました。

親は、わが子となると
その子に悩みを預けたまま「聞く」ことは
本当に意識していないと出来ないことが多いです。
まさに、親としてどう向き合うかが
試される時なのかもしれません。

この「意識すること」
これが持続できるようになることが
またまた悩ましい!

私は、まだインストラクターになっていない時に
「いつも親業を忘れずにいるためには
どうしたらいいのですか?」
と、ある先輩インストラクターに聞いたことがありました。

「それはインストラクターになることね」とスラッと言われました。
今思えば、あの時の言葉があったから
今の私があるのかもしれません