FC2ブログ

親業訓練インストラクター 式場敬子 親業 親だって人間!

HOME プロフィール お問い合せ
親業について 講座 講演会 QandA コラム 活動内容~式場敬子のお仕事~

メールが終わらない?

 | 2009-12-24 | 
ある女子高校生とお母さんの会話です。
JK(女子高生)「あーメール返してない~!どうしよ~!」
母(黙っている)
JK「時間たっちゃったし、なんて言っていいかわかんないよ~」
母「ふーん・・そうなんだぁ・・とりあえず『メールありがとう。考え中なんだ。また後でね。』みたいなのはダメなの?」
JK「そんなのダメにきまってんじゃん!」
母「そうなの?お母さんたちは『わかりました。』とか『また連絡します。』って感じのメールが多いからよくわからないよ・・」
JK「お母さんたちは連絡でメール使ってるんでしょ?私は会話なんだよ。」
母(驚いて)「会話?メールで会話していたら終わらないねぇ・・」
JK「そう、だから終わんないんだよ・・」(ため息)

【お母さんの感想】
いつも、携帯メールをずっとやっているから「ちゃっちゃと終わらせちゃえばいいのに!」とにがにがしく思うこともありました。
でも、メールで会話をしているとは驚き!時代の差ですね。
メールの会話だと文字は残ってしまうから、うかつなことは書けないし
私が思っているよりずっと難しい友達関係なのかも・・と思いました。

【コメント】
子どもの言ったことを受けとめながら聞いていたから
メールで会話をしているから大変なのだとわかったのでしょうね。
それにしても、会話は直接本人と話すと考えている親世代(私も)にとって
わが子が、異なる文化、価値観の中で生きているという事実に
直面した瞬間なのかもしれません。
「生きにくい人間関係」の中にいるわが子を見る親の目にも
変化があるのかもしれませんね。