FC2ブログ

親業訓練インストラクター 式場敬子 親業 親だって人間!

HOME プロフィール お問い合せ
親業について 講座 講演会 QandA コラム 活動内容~式場敬子のお仕事~
地域の塾でアルバイトをしています。

ある幼児さんとの会話です。
Y「えー!これヤダ~!」(国語のプリント)
私「このプリント、やるのがイヤなの?」
Y「そーだよ!だって家でやったもん!」
私「そっか。お家でもやったからまたやるのがイヤなのね。」
Y「だからこれからやる」(別のプリントを指さす)
私「あ、こちらからやるのね?」
Y「うん」
私「じゃあ、国語のプリントはどうしようか?やらないということはできないし・・・」
Y「これがすんだら、こっち(国語のプリント)やる」
私「OK!よかった!」
しばらくして・・・
鉛筆のサックをさしたり抜いたり、他の生徒さんの物をいじったりして、いっこうにプリントに向かう様子がないので・・・
私「どうしたのかな?こちらからやるって言っていたけど・・」
Y「もう疲れちゃった。こんなに遅くなっちゃったから帰りたいよ。」
私「・・・!」
Y(プリントを机の下に落として)「あ!落ちちゃったよ。先生拾って!」
私「イヤだ。拾わないよ。 最初にこちらのプリントからやるとあなたが言ったから、信じていたんだけれど、こんなに簡単に約束を破るなんて私はビックリだよ・・」
Y(とても驚いた表情で私を見る)

怒りが出てくると、私の感情は揺さぶられます。
こんな小さい子を相手に、なんと大人げないのかと、自分自身がとても小さな、みっともない人間に思えます。
でも、その時に持った私の感情は事実です。
事実を、どう伝えるのか
意地でも「わたしメッセージ」!と
心に叫びます。

Y君は私の顔をしっかりと見た後
プリントを全部仕上げました。
「約束を守って、がんばって最後までやって頼もしかったよ!」と
彼に伝えることが出来ました。
ちょっぴり誇らしげな彼の顔と
一部始終を(おそらく)見ていらしたお母様の優しく、まっすぐな瞳が忘れられません


先日、受講生さんと親業に出会ったきっかけについて話をしました

A「子育てで分からなくなった時、いろいろ調べてみたんです。」
私「そうなんですか・・どんな言葉で調べてみたのですか?興味あります。」
A「子育て・・・食べない・・・幼稚園行かない・・・とか」
私「なるほど・・」
A「でも、誰だかわからない人が書いたブログで、その人が『こうしたよ』というようなことばかりに行き当たって、その時はそれでいいのですが、普遍的なものではないし、次から次へと調べることになっていって・・
私「その場だけの対処療法的なもので、求めているものとは違ったのかな・・」
A「そうなんです。それに、すぐに出てくるのは子どもの教育的なもので・・・私は子どもに教育をしたいのではなくて、愛情を自然に届けたいし、イライラしないで子どもと過ごすにはどうしたらよいのかを知りたかっただけなんです

なるほど~
と、思いました。
「愛情を自然に届けたい
でも、日々、イライラしてしまう・・・
他のママ達が笑顔で子育てをしているのを見ると、自分だけなのかと思ってしまったようです

彼女が今回、お知り合いの方から紹介されたのが「親業」でした。
「こんな素晴らしい考え方があるのなら、私のように子育てで不安を感じている方々にもっともっと知ってもらいたい」と
彼女はインストラクターになることも考え始めています。

私も
子育てをがんばっている方たちにもっともっと親業をお届けしたいと思いを新たにしました



地域の塾でアルバイトをしているので、その時の出来事です。
教室に入る時、お母さんとなかなか離れられない年長さんの女の子がいました
お母さんに抱きついています

お母さん「今日は一人でやるっていう約束でしょ?」
女の子(顔をお母さんのコートにうずめている
お母さん「小学校に行ったらママいないのよ。」
女の子(なおもお母さんにしがみつく
お母さん「すぐ下で待っているから」
女の子(私をチラッと見ながらお母さんの足に手を回している

私「ちょっと相談しましょうね。」
(教室から廊下に3人で出て)
私「(女の子に)お母さんと一緒がいいのかな」
女の子(目をふせてうなづく感じ
お母さん「すぐ戻るって」
私「(お母さんに)何かご用事があるのですね」
お母さん「えぇ。郵便局に行ってこちらに戻るんです。」
私「そうなんですか。そこの〇〇郵便局ですよね?(塾からすぐ近くの郵便局)」
お母さん「そう、そこです。」
私「(女の子に)お母さんがいなくなると不安なのね」
女の子(上目遣いに私を見るけれど視線はそらさない
私「お母さん、郵便局に行ってからすぐ戻るって。どうしようか・・」
  (やっぱりお母さんから離れることができなかったら、それでもいいかな・・・そうなったらお母さんともまた相談すればいいかなと思いつつ、女の子に任せてみることにした

すると・・・
女の子はお母さんから離れ、しかもお母さんを自分の手でグッと押しやって、バイバイをしました
自分からがんばって決心したんですね

その後は振り返りもせずに、潔く(?)教室に入りました

勉強が終わり、お母さんがお迎えにいらした時には
再びお母さんにギュッと抱きつきましたが・・

あーー健気だなぁ・・・


ただ聞いてほしいだけ♡

 | 2015-11-03 | 
やっと仕事が終わり、帰宅した若きパパ
玄関に着くなり、待っていたママから
「今日はこの子が寝なくって、ろくに家事も出来なかった・・
「お風呂もまともに入れなかった
「食事も、抱っこしながら立って食べた」などなど
大変だった話をいっぱい聞かされます

パパは
「じゃあ、休みの日には手伝おう!」と
休日は家事を手伝い、子どもと遊び、買い物もし・・と頑張ります
なので、休み明けは「なんだか休日も働いていた感・・」が残り
仕事場ではお疲れ気分なのだとか・・
ある方から聞いた話です。

そういえば私もそうだったなぁ・・
夫が帰ってくると「やっと大人と話が出来る」と
せきを切ったようにいっぱい話をしていたと思います

家事を手伝ってくれたら、それはそれで大歓迎です!
でもやっぱり、話を聞いてくれて、子どもとずっと向き合って大変だった気持ちをわかってくれることが
一番なのかな・・

子育て真っ最中のパパとママ
毎日、おつかれさまです
夏休み

そうそう、いろいろあります

プール遊びをすると、誰がホースを持つかでケンカになり
映画に行こうとしても、「何を観るか」でもめて出かける時間が大幅に遅くなったり・・

母としては、どこに行くのでも良いけれど
早めに帰って夕飯の支度やらなんやらがあるのですよね

「〇〇時には帰る」と決めておいても
思いがけず時間がかかったり(親が夢中になっちゃったり)ということもあります。

こんな時、何ができるのでしょう・・
せっかく子どもと一緒にいるので
子どもも巻き込んで計画をしておくこともできるのかもしれません

母は早めに帰りたいのであれば、なぜなのかを話して
帰宅してから誰が何を手伝うのか、分担を相談しておいたり
(我が家の場合は、洗濯物取り込み係り、雨戸閉め係り、お風呂入れ係り・・などがあったかも・・
出かけた先で、何をしたいのか、何時までにするかなどを子どもと一緒に相談することも出来ることなのかもしれません。

むか~しの記憶(中学生の頃?)ですが
校則は、どうにかして網の目をくぐろうと頭を働かせていたものです。
「決められたこと」には素直に従えないこともありますが
自分で「決めたこと」は自然に守ろうという動機も生まれやすいと言われています

いちいち子どもと話し合うことは
面倒くさいこともありますが
後々ごちゃごちゃもめることを思えば
スムーズにお互い気分よく行く方が、自分の省エネになるかもしれませんね