FC2ブログ

親業訓練インストラクター 式場敬子 親業 親だって人間!

HOME プロフィール お問い合せ
親業について 講座 講演会 QandA コラム 活動内容~式場敬子のお仕事~
今、期間限定(?)の乳母生活を送っています
赤ちゃんがいる暮らしは、笑いにあふれているけれど、
「ご機嫌がいい時、今のうちに食事の下準備をしておこう」など、細切れの前倒しの家事が懐かしい感覚です

こんな毎日の中で見えてくるのが「見えない家事」
たとえば・・

赤ちゃんのオムツ替えの時に
妻「オムツ取って」
夫(オムツをとってわたす)
普通はここまでかな?
でも実は妻は動きたがる赤ちゃんのオムツ替えで奮闘中
できたら、オムツ替えの間、赤ちゃんの気を紛らわせていたり、
オムツを捨てたりすることまでをしてくれたら大変ありがたいと思っている

あるいはこんな場面・・
離乳食作りの時、赤ちゃんが台所でお母さんの足元にまとわりついている。
でも赤ちゃんはわりとご機嫌。
なのでお父さんは向こうでスマホをいじっている
でも、実は妻は「今、急ぐことをしていないのだったらこの子を見ていて」と言いたい。でも言うタイミングがつかめないまま・・

ごみ捨ての場面では
妻「ゴミ、出しておいてね」
夫「うん」
夫はごみ収集所にゴミを出しに行く。
でも、家のごみ箱に新しいゴミ袋をセットしたりするところまではしない。
妻はそこまでが一連の「ゴミ捨て」の仕事と思っているので、なんだか釈然としない

夫からしてみたら
「だったら言ってよー」というところなのだろうが
妻も、なんでこの日常の中でのこまごまとしたモンモンがたまるのか・・
私から言われる前に「夫が自分で気づいてくれたらいいのに・・」と思っている。

きっとこれは体験なのかも・・・
一人で(そう、一人で
オムツ替えをする。
赤ちゃんの機嫌や様子、安全に気を配りながら家事をする。
ゴミ捨てに行って、家でごみを捨てようとしたら、ゴミ箱に袋がかかっていなくて「あっ!」と思う。

あるいは
気づいてほしいことがあったとしたら
「こうしてほしい」+(なぜなら・・という)「理由」があると、相手は協力をしやすくなるのでしょうね・・

娘の夫は、育児に毎日関わっているので、「見えない家事」ごと自然にこなしています。(ウラヤマシー

ちなみにわが家の夫は長年の私の指導(?)があってか
気づかずにいると後で大変気まずくなることを痛いほど体験しているので
ゴミ出しの後は新しい袋をセットしています













先日、ある受講生の方が
「自分の子どもは、ずいぶんと回り道をしていたけれど、この子が持つ時間を過ごし、自分なりに歩みながら、その景色を見ながら成長をしてきたんだなぁ・・と気づきました」と
言われていました

確かに親はわが子に対しては
「もっと効率よく」を推薦して、成功へと導きたい思いがあります。

「やることを先にやっておいた方が良い。」
「次に何をするかを考えて準備をする。」
「時間に間に合うように行動をする。」など
生活の中では子どもに対しては気になることがいっぱいあります。

我が子が要領が悪かったり、生き方が不器用だったりすると
親はヤキモキしてしまいます

でも
ある日
その子の成長をこの目で確かめたとき
我が子の生きてきた道そのものを、自分の心と体全部で受け入れることができるのかもしれません








日常が一番安心できる?

 | 2020-01-07 | 
年末年始の、いつもとは違う時間が流れて
今週からはいつもの日常が始まりました

でもなぜか
この「いつもと同じ」が妙に落ち着きます・・・

毎日同じルーチンは
退屈なことではなく
実は心が安定するものなのかもしれない・・・

昔、伯母が
「世の中がいつも通りになって、女もほっと一息小正月」というような句を詠んでいたことを思い出します
長女が1歳になったときから書き始めたメッセージノートがあります。
3人の子ども達にも、お誕生日ごとにメッセージを書いてきました

最初はミッキーマウスを見ると体をゆらしたとか、ぬれタオルが好きとか
今年のプレゼントに夢中になっていることだったり
そして園生活、学校での活躍
挫折、悔しいことがあり、
受験もあり(反抗期もあり
一人暮らしもあり
自分の人生を生きていることへ、私からの変わらない思いがつづられています。

いつの間にか大きくなった次世代の人たち
昔の写真を見る私は、その時の記憶のままだったりします



小学校の就学時健診時に行っている親業ミニ講演会も終盤となってきました

健診から戻ってくると、どのお子さんも、待っていたお母さん(お父さん、お祖父様やお祖母様もいらっしゃいます)のところへ
ぱーーっと駆け寄って行きます
そして嬉しそうです

子どもさんの飛び跳ねるような満面の笑顔から
待っているお家の人がいるのって嬉しいんだな安心なんだなって
私までほのぼのとした気持ちになります

私が子どもをお迎えするときはどうだっただろう・・・
「帰ったらまずあれしてこれして」と、次のことで頭がいっぱいだったかも・・・

自分と母の記憶はどうだったかなぁ・・・
ずーっと昔、母が教習所に通っていたとき、保育室に預けられて、母が迎えに来たときのことはぼんやり覚えています。
やっぱり安心したんだろうな・・・