FC2ブログ

親業訓練インストラクター 式場敬子 親業 親だって人間!

HOME プロフィール お問い合せ
親業について 講座 講演会 QandA コラム 活動内容~式場敬子のお仕事~
子どもだとわかりやすく
「あーもうヤダ-
「暑ーい
「つかれたー
と言ったり、いかにもそれらしき表情をしたりします。

何かを解決してほしいというよりは
「今の自分の気持ちをわかってほしい」
「こちらを向いてほしい」
「気にかけてほしい」
ということが多いようです

大人でも
何かをつぶやいたり(つぶやかなくても)
自分の方に向いて欲しい時はあります
何かを発信したり
意見を述べたり
挨拶をした時にも
反応があると嬉しかったりします
(何もないと、それはそれでナットクはしますが、やっぱりむなしいかも・・・

もしかしたら私だけこんな思いをもって
勝手にイジけたりしていることもあるのかも・・とも思いましたが
でも
やっぱり
「かまちょ」は世の中にいっぱいいる
と思っています


親業の考え方などをオンラインでお伝えするイベントの中で
「イライラを抑えるために感情を無にして(子どもに)対応していた・・」というお声がありました。

「怒ってはいけない」と
必死にこらえていたのだろうと思うと
思わず「うん、うん」とうなづいてしまいました

私はイライラをがまんすると、後で必ずバクハツしてしまったことを思い出します

感情にまかせて言いたいことを言ってしまおう!というわけではないのですが
「わ~もうヤダ~」と
自分の気持ちをそのまま表現してみることも出来ることの一つだと
親業を学んでわかりました。

「わたし」を主語に感情を表現をしてみると
自分のいっぱいいっぱいになった心に少しスキマができて
今度は相手の気持ちに目が向くようになる、そんな不思議な体験もしました

子育てライブのママ達の声は「今」そのものです
たくさん応援して行きたいです



懐かしい父の字

 | 2020-07-01 | 
娘の部屋に、見慣れた筆跡のメモが貼ってありました

それは父の字で
父が大好きなビールの量の記載でした
中瓶は何㎖
中缶は
小缶は
英語を交えて書いてある字が角張っていて
思わず「なんでここに貼ってあるのだろう?」と目を留めました
(娘は「なんかこの字がかっこいいから貼っておいた」と言っていました

もうすぐ父の誕生日
今、この世界にいたら102歳

父の書いたメモは
ビールを語る得意げな父の声も一緒に運んできてくれた感じがしました


6月は母の月☆

 | 2020-06-01 | 
6月になった。
母の命日ももうすぐ。
なので6月は母の月。

大ぶりの青の紫陽花が大好きだった

母の机の引き出しには
紫陽花の写真がたくさんあった。

もっとたくさんしてあげることがあったのに
母のメモには
「ありがとう」と
私に対しての感謝の言葉しかなかった。
「楽しいことや嬉しいこと、倖せな想い出はすべて敬子からもらいました。」と。

たくさん泣いたはずなのに
今年もまた、母の笑顔を思い出して泣きそうになります

雨の日に子どもたちを遊園地に連れて行ったときのことです

屋根付きのステージ上では、「ポケモンクイズ」をやっており
当時ポケモン大好きだった子どもたちはすぐに参加

ステージ上の司会のお姉さんが出すクイズに
観客席にいる子ども達は、われ先にと手をあげて
「はい!そこの子」と当ててもらい、クイズに答えて正解だったらポケモングッズをもらえるという催しでした。

どのクイズも、子ども達はわかるものばかりで
「はいっはいっ」と必死に手をあげていたのですが
なかなかお姉さんからは指してもらえず、ついにクイズタイムは終わりとなり
お姉さん「はーい!みんなありがとうーこれでポケモンクイズはおわりだよー!楽しかったね~

と、その時わが家の下の子が
「ばかーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」と
おもいっきり叫びました

すると司会のお姉さんはちょっと間をおいて・・
「じゃ、最後のオマケで・・・」とクイズを出し、
もちろん、全力で手をあげている下の子に向かって
「はい、じゃ、そこの赤いレインコートの女の子」と指し
そして下の子はクイズに答え
ポケモンの下じき(だったと思う)を手に入れることになりました

上の子達も、おそらく自分が指されなかったことで「あ~あ・・」となったとは思うのですが
こんなにもストレートに感情を出した下の子に
家族全員ビックリ
今となっては伝説?の一つ、笑い話となっています