親業訓練インストラクター 式場敬子 親業 親だって人間!

HOME プロフィール お問い合せ
親業について 講座 講演会 QandA コラム 活動内容~式場敬子のお仕事~
この何年か、夏の終わりに、従姉妹と会うことが恒例となり
母の話、叔母の話など、二人の共通の話題で時の経つのも忘れて話をします
(お互いを「叔母さんに似ているわね~」などと言いながら・・)

母達が生きた時代は
それはそれは大変な時代ではありましたが
母の少女時代の思い出は、どれも豊かでゆったりとしたものでした

兄弟姉妹(7人兄弟でした!)と海に行ったこと
夏の終わりにたまってしまった宿題を見て、あまり楽しく遊べなくなったこと
お兄さんに勉強を教えてもらったこと
お姉さんと宝塚に夢中だったこと
お気に入りの犬と猫がいたこと
「おかえり~」と出迎えてくれたお婆さんをおしのけて、「お母さんは~?」と言っていたこと

確かに生きていて
当たり前のように毎日を過ごしていた母の時間・・

従姉妹と母の故郷の話をする時間は
私にとって、少女時代の母と出会う不思議で愛おしい時間です

もう子ども達ではない?

 | 2017-08-17 | 
夏休み中、信州の方へ小旅行をしてきました
出発時 と 帰宅時のみ夫婦二人で
子どもたちはそれぞれ途中参加、途中出発と、パーツ参加?でした

私が思わず「子どもたち」という言葉を言ったとき
「もう、子どもじゃないよ~」と、子ども(!)から言われて・・
「そうでした・・みんな成人しているのでした・・」と、あらためて思い直し・・

いやはや
今度は私達がシニア夫婦として
子どもたち・・ではない、若世代に旅行に連れて行ってもらう日も
そう遠くないのかも知れません

夏の冷蔵庫さん♪

 | 2017-07-17 | 
夏の冷蔵庫ほど魅力的なものはありません

キンキンに冷えたビール
今朝のとれたて夏野菜
たっぷり用意してある麦茶
製氷室には氷があって・・
アイスクリームも冷えている
だから
学校から帰ってくるなり
子どもたちはまず、冷蔵庫に直行でした。

私も幼かった頃は、実家にあった小さめの冷蔵庫が好きでした。
その頃は冷凍室はなく、アイスクリームを冷やしておくことは出来なかったのですが
冷蔵庫の中には何かいつも「いいもの」がある気がしていました

家族でキャンプに行ったときは
大型のクーラーボックスを使いました。(保冷剤やドライアイスをのせて
でも、冷蔵庫と同じではなく、一定の温度でずっと冷やしていることは難しいので
「クーラーボックスのフタは開けたらすぐに閉める。フタを開けたまま迷わない。何を出すかを決めてから開ける。」という
家族の掟(?)があったと思います
(長い間フタを開けていると、夫のキビシイ視線が・・
スペースも限られているので、本当に冷やさないと困るもの(ビールとか、お肉とか)が優先でした

以前、冷蔵庫が故障したときは、家族全員の口数が減るほどの一大事でした
それくらい、家での生活になくてはならない「冷蔵庫さん」になっています

夏の心強い味方、冷蔵庫に
時々は感謝しつつ、今年の夏を楽しみたいです



我が子はただ今、教育実習中です。
お気楽な学生の毎日から、慣れない早起きと連日の報告書作成で、ヒーヒー言っています

美術鑑賞の授業を任されて(担当は美術なので)、パソコンで準備を進めていました。私にも模擬授業をして、準備万端、学校に向かいました
ところが、学校の機器が故障したのか何なのか、とにかくスイッチが入らず、パソコンで用意した画像も使えないので、急きょ教科書に載っている絵の美術鑑賞としたそうです

私は子どもからその報告を受け
私「それはショックだったね~! あんなに準備して私も模擬授業を受けたものねぇ・・」(精一杯気持ちをくんだつもり・・)
子「んー・・ショックってほどでもないよ。だってしょうがないじゃん。」
私「え?ショックじゃないんだ・・・もし、お母さんがあなただったら、『はぁ~?ありえん!!なんでなんだよー!!あんなに準備したのにぃ~!!』って、お父さんや誰かに思いっきり文句言って愚痴ると思う・・」
子「だって、相手は機械なんだよ。人間じゃないんだよ。機械は心がないから、いくらお願いしても動かないよ。」
私「ほーーーーーーーーーーーーーーー・・・・・・・・なるほどぉ・・・・・・・・感心したよ・・・・・・・」
子「少しは私の成長を感じられた?」
私「うん。うん。感じたよ~。」

人間は心があるから動く。
心を動かすのも人間なんだなぁ・・とあらためて思った出来事でした
母の大好きな花は紫陽花。

母がホームにいたとき、子どもが
「ばーば、お花の絵を描いてあげるよ。何の花が好き?」と聞いたら、母は即答で
「アジサイ!」と言いました。

私は「そうだったけなぁ・・」くらいに思っていたのですが
母の文箱の中、机の上の写真立て、絵はがきには、たくさんの紫陽花の写真や絵がありました。
(「私の好きな『大ぶりの青』」という母の文字も書いてあったりしました

母には紫陽花寺に連れて行ってもらったこともあったし(私はほとんど「食事目当てでした・・
母が紫陽花が好きと言うことは、何度も聞いていたはずなんですが・・
なんで覚えていないんだろう・・

今年もまた、紫陽花の季節になり
母の好きな青の紫陽花が庭で咲き始めました
母はにこにこしながら、一緒に見ててくれるかな・・?